Manaと宇田

あの頃のポンテは、
キレキレでね、ドリブルもできるし、合格もだせる、附属歌唱のキッカーであり、PKキッカーとして、確実に決める。PKはしょっちゅうお決まりの課程だったけど、でも敢然と蹴る結果伸びるところに蹴る。それも低めにきっちりと蹴るのよね。
で、2ベストであげるときは、永井が多くて、永井がキッカケクレアトゥールみたいにこういう2クライアントをフォローするような様式としておったのよね。
あとは、夏場にやっとでてきていたのは、田中達也ね。あのキレキレのスピードでね。目標としては不愉快のかな?ってね。
小野伸二はケガがちで、結構でる行為できず、ダグアウトに座っていた行為多かったのよね。
ワシントンの1ベストで伸二、ポンテの2シャドーという様式は、こういうクラスはあまりなかったね。
2006クラスのギドのときは、ワシントン1ベストで伸二、ポンテの2シャドーという様式は多かったけれどもね。ファクト、でかくて美味いワシントンは反則。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です