オーストラリアン・テリアの勇

ウイイレ派かサカ付く派とかあるのですけれどもね。
自分で演奏して。という皆様は当然ウイニングイレブンで自分の動作で初めて到達ということになっていくのかな?とか思ってはいらっしゃるけれどもね。
おいらの知人もウイニングイレブンが大好きでね。思い切りやっていましたね。
次いで何者をはじめにせんしゅを押し込めるとか、獲得する選手は、誰にするとか激しく語ってはいましたね。
まあ、理想は能率の良い選手。無料わりには、能力の高い選手いるのを探して、いましたね。
それはね。ナイジェリアなんですけれども、ババンギダという選手いたのですけれどもね。
その選手なんですけれども、おかもをかからずに、簡単にかくとくできて、何よりも足が早いという取り得あったのよね。
ですから、では、ババンギダをとって、レクレーションではではボールを持ったら、前線におけるはやい選手ですババンギダの走力に賭けるというサッカーをマズするって言うこと言ってました。

Manaと宇田

あの頃のポンテは、
キレキレでね、ドリブルもできるし、合格もだせる、附属歌唱のキッカーであり、PKキッカーとして、確実に決める。PKはしょっちゅうお決まりの課程だったけど、でも敢然と蹴る結果伸びるところに蹴る。それも低めにきっちりと蹴るのよね。
で、2ベストであげるときは、永井が多くて、永井がキッカケクレアトゥールみたいにこういう2クライアントをフォローするような様式としておったのよね。
あとは、夏場にやっとでてきていたのは、田中達也ね。あのキレキレのスピードでね。目標としては不愉快のかな?ってね。
小野伸二はケガがちで、結構でる行為できず、ダグアウトに座っていた行為多かったのよね。
ワシントンの1ベストで伸二、ポンテの2シャドーという様式は、こういうクラスはあまりなかったね。
2006クラスのギドのときは、ワシントン1ベストで伸二、ポンテの2シャドーという様式は多かったけれどもね。ファクト、でかくて美味いワシントンは反則。