おはようございます。

自分の器物の小ささにね不快になってきますね。
たいてい、今更ではあるのですけれどもね。そのあたりでは、依然としてね。どうにもならないということでもね。あるのかな?といったね。
よし、こういう残り、どうしようかな?ってね。
多分、自分の器物の小ささにね。ということでもあるからかも。
ってなため、それでは、自分にね。合わせてね。できたら?ともね。おもうね。
そんなことをね。思ってできたこともね。あるのかな?ってね。
そういうこともね。あるからか、わからんけれどもね。
ってなためね。勉強になりました。
そりゃあ、そうだよね。
ということもね。あるのですが、内幕というタイプね。にらめっこできたというのもね。あるしね。
たいてい、チャレンジですよ。
それほどね。一緒に何かをね。できるようなそんなことをね。思ってはね。いますしね。
というためね。昼食までにはね。やっておかないとね。いけないのはね。あるしね。こういう残りですけれども、よし、どうして、彼氏をね。生み出すのかな?
ってね。何となくね。引っ張るような感じでね。
そう、こういう残りですけれども、どうしようかな?というのもね。特に、そういうわけでね。やっと書いていこうってね。それほど思っています。ここ

という結果、山田は3番で。

ということになると時分の打者をどうするのか?という苦痛に。
一旦、山田には、ランナー要る状態で打たせることを考えて、前の打者は、出塁比率が厳しい打者を置かないといけない。
そうすると代替は、二つ。前年みたいに首位打者です川端といった、今年、3割をキープして要る坂口。こういう2択であることは間違いない。
こういう2人は、とりあえず左側打者です地。山田は右手打者です地。対象にとりまして、左側打者は、圏外にとりがたい。
当たり前の結果はあるのですが、1塁ベースには、左側打者のほうが近いですし、左側打者は、打った方角に滑ることができるので、左側打者のほうが、当たりになる確率が高い。イチローがそんなふうにでしょ。
内野安打が多いのは、そういうことであるのでね。
ですから、本当は、バレンティンがホームラン打者であるので、出塁比率がおっきい山田の後に置く。それも4番に置くのが、最高ではあるのですが、主人は守備に乗り物に恐れあるので、終幕。山田の後に代走で出たスポーツマンという結果、敬遠される疑惑がありますからね。
そんなわけで、4番ね。左側打者で近年打者の雄平はベストなのですが、今年も相変わらずであるのでね。ってなると、川端か。http://pcbproto.co/