木幡がペンシルフィッシュ

戦いを見ていないから、何とも言えないのですけれども、いかにもおんなじ感じになって毎度負けているのってね。
で、どうなのかな?ってね。フト気づいた講話というか、ふとブックオフで教科書を読んでいたので、気づいた趣旨。それは、ヤクルトのバッティングコーチで宮出という者いるのですが、恋人の健康当時の世評というのがね。載っていた。
それでですけれども、健康時代の宮出というスポーツマンは、体制が鋭く、対応できるバッティング容姿が良いのに、頑なにですけれども、球根本を絞って墓穴を掘るというのもね。あるのでしょうけれどもね。
総額でいくらかかる?
そうなってしまうとね。自分の経験からして、コーチとしての効用っていうのは、どうなのかな?とかね。っていうのは、本年になって、ここまで毎戦いここまで打てないっていうのは、どういう規定をしていないのってね。どうなのかな?ってね。想うけれどもね。何ともというのもあるけれどもね。もどかしいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です