山田3番で川端4番って決まりましたので、

2番ね。ここは、坂口で決まりですね。
必要は、必ずランナーででる要所。
山田の打席では特にひたすらやる要所。2ストライク2ボールほどまでは、打者任せで良好.変に走り回るって、1塁が空いてしまうので、取り組みが除けられてしまうので、それは避けたいので、残り、1塁における結果、1塁握りこぶしが1塁ベースに張り付きになる結果、ヒット幅がはびこるので、1塁、3塁という得点のチャンスがひろがり易いのもあるからね。後ろの打者が、ヒットを打たせたら、絶品の川端という結果、打てなくても、濃いショートゴロを打てば、ゲッツーは取れない。という結果、そんな感じで、
そうして、出塁パーセンテージ高いので、うしろのバッターではあるのですが、ここで、バレンティン。5番で。
ランナーはさっそくたまってあるところであるのでね。どんと。歩かされる恐れあるが、そのあとの6番は、雄平でね。
あとは、
バレンティンではあるのですが、気分屋であるので、クリンアップに置いておかないと、へそを曲げてしまうというのもあるし、モードするどくやさせて差し上げることもいのちかと。
こんな感じでね。畠山帰ってきたら、そのあと考えましょう!エピレで脱毛